500系倶楽部 ’09

ミニ新幹線なんて認めない!@

2009/01/30
画像はU4Rで撮影

仕事で秋田県大曲に行くことになった。
上野12:02発「はやて・こまち17号」に乗車。
全車指定席で盛岡まで併結だ。
はやてはE2系、こまちはE3系だ。
E4系の下りは前から2両の16号車・15号車は
もともと自由席用の設計なので、シートピッチが若干狭い。
そんなわけで、14号車の指定席を購入。





この場を借りて言わせてもらえば・・・w
オイラは在来線を走行する山形・秋田新幹線は新幹線とは認めていない!
車両限界が在来線と同じ車両は、非常にかっこ悪い!
便利だろうとナンだろうと、嫌いなのだ!







車両長はもちろん1両約20メートル。
そして4列シート。
E3系のシートや内装は400系よりはマシだw







盛岡までは最高速度275キロで走行する。
オイラはE3系に乗車するのは2度目だが、
在来線区間を体験したことはなかった。





「はやて・こまち17号」は停車駅が少ない。
上野を発車すると、大宮・仙台・盛岡だ。
定刻どおり14:22に盛岡到着。
ここでE2系とE3系は切り離される。
いよいよ初体験の在来線区間だ。
最高速度は130キロと公表されているが・・・・・。

盛岡を出ると左にポイント分岐する。
高架を降りながら東北新幹線とは離れていく。
雪化粧した八幡平がうっすらと見えた。






在来線の田沢湖線になると、
いきなりスピードダウン!
線形が悪い単線区間だからか、体感で60〜80キロくらいか・・・。

田沢湖線の最初の駅の大釜。
もちろん秋田新幹線の停車駅ではないが、
いきなり交換のために運転停車。
その後も、いっこうにスピードは上がらず
トロトロと走行する。
まあ期待はしてなかったが、がっかりだなw







トップへ
戻る
前へ
次へ