500系倶楽部 ’12

晩秋の碓氷峠C

隋道を抜けると、いよいよ碓氷第三橋梁「めがね橋」の上だ。





まず国道に続く階段を下りる。
そして新線の橋を撮りに真下に向かう。
もちろん架線もそのまま残っている。








そしてめがね橋を下から見上げる。
何度見ても壮観だな。
残念ながら、ほぼ紅葉は終わっていた。











そしてふたたび橋の上に上る。
旧線も新線も急勾配なのがわかる。


















トップへ
戻る
前へ
次へ