500系倶楽部 ’12

晩秋の碓氷峠B

昔の熊ノ平駅の様子や、崩落事故についての説明が展示されている。









名残惜しみながら、熊ノ平を後にする。
めがね橋を目指してアプトの道を下っていく。
隋道・橋梁・カルパートの説明は割愛する。
保存状態は素晴しい。
整備と維持活動に感服する。



















そして最長の第6隋道に入る。
途中に横穴もある。
18時には照明が切れるらしい。
真っ暗で怖いだろうな。











トップへ
戻る
前へ
次へ