500系倶楽部 ’12

晩秋の碓氷峠@

2012/11/23

今年の春に「アプトの道」が熊ノ平まで延伸。
オイラは列車で通過したことは何度もあったが、
熊ノ平をじっくり見たことはなかった。
1906年から1966年までは旅客駅だった熊ノ平。
信号場に降格し、廃線と同時に廃止された。
もちろん熊ノ平駅のホームに立つ事は不可能だった。

「アプトの道」は何度か歩いたが、
いつか熊ノ平まで延伸してもらいたいと思っていた。
そして今回、念願の熊ノ平を初めて目指したわけだ。

過去「アプトの道」を歩いたときは、
いずれも早朝に出発する日帰りだった。
今回は余裕をもって、高崎で1泊することにした。

3連休の初日なので、一応前もって新幹線の指定席を購入しておいた。
上野発15:10「あさま」529号だ。
「あさま」に乗車するのはずいぶん久しぶりだ。










高崎駅には定刻どおりの到着。
ホームに降りると寒かった。






高崎駅も今年は初めてだ。
なんか以前よりも改修されたのか、ずいぶん綺麗になっていた。






この日は食事をして駅直結のホテルに宿泊。



2012/11/24

朝は6:00に起床。
ホテルで朝食をとり、高崎発08:39の普通列車横川行きに乗車。






終点横川駅に9:13に到着。
この駅に降り立つと、毎回悲しい気分になる。

軽井沢方にホームを繋ぐ歩道が新設されていた。
なんだか前回のときからいろいろ変わっていたな。
















トップへ
戻る
前へ
次へ