東京編

たいよう(武蔵小山)
☆☆☆
脂度・・・中

武蔵小山駅から5分くらいの場所。
11時に行くと、ちょうど奥さんが暖簾を出していた。
まずはエビスビールとポテトサラダ。
そしてオイラはロースカツ(1500円)、助手はチーズ巻カツ(1400円)を注文。
店主は雑念が無いように、一心不乱に調理している。
完全にオープンキッチンなので、店主の必死さがよくわかる。
おそらく無知なオイラにはわからない拘りがいろいろあるんだろう。
出てきたとんかつは、若干ボリューム不足w
1500円だから仕方ないか。
もっと高くていいから、とんかつは豪快にデカいものを食べたい。
脂身はしっかり付いてるが、肉は意外に硬めな感じ。
もち豚っていうから、もの凄く軟らかいのかと思ってた。
衣は軽く、油っぽく感じない。
ご飯とキャベツも美味しかった。
助手が頼んだチーズ巻カツは、なかなかオイラの嗜好にピッタリだった。





2011/06/18



トップへ
戻る
前へ
次へ