東京編

武蔵野(上野)
☆☆☆
脂度・・・高

祭日のランチタイムに助手と久々の突入。
いつのまにか隣の「双葉」が無くなっていた。
1階カウンターは満席で、地階に案内された。
この店の地下で食べるのは初めてだ。
とりあえず瓶ビールを注文。
以前から思っていたが、なぜかこの店の店員は若い女の子ばかりだw
上ロースを食べたかったが、この日はランチメニューのみだって。
仕方なくロースかつ(1000円)、助手は盛り合せ(1000円)。
混んでいたからか30分弱くらい待たされた。
ランチメニューは食べたことなかったが、値段からして期待してなかった。
ところが、登場したとんかつのボリュームにびっくり!
衣はやや硬めだが、肉はジューシーで旨味もある。
これで1000円とはまいったね。
充分満足できるとんかつだった。






2013/04/29

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆☆☆☆
脂度・・・高

有名店双葉に隣接する店。
ランチタイムに入って、上ロースカツ定食(1800円)を注文。
なかなかボリュームあるとんかつで、衣は薄めで意外とアッサリ。
カツの縦目にも切れてるが、脂身は大きめで甘く美味しい。
脂身が無いほうは、サシも弱めでバランス良く食べられる。
若い女の子の接客もなかなか良かったし、オヤジさんも人が良さそうだ。
脂スキーなオイラ的には、双葉よりこちらの方が好みだな。
赤だしの具がちょっと寂しかったのはたまたまかなw


2010/03/26



トップへ
戻る
前へ
次へ