500系倶楽部 ’13

キハ28ツアー@

2012/07/13

いすみ鉄道にキハ28急行が土日祭に運行してると情報を聞き、
松戸〜秋葉原〜大原〜上総中野〜五井〜市川〜松戸
こんな行程で房総半島を横断することを計画。

キハ28の指定席券は、運行当日9:00大原で発売。
てなわけで、9:00以前に大原到着できる特急を探した。
時刻表で「新宿わかしお」という特急を知った。
新宿発安房鴨川行きの255系電車だ。

ちなみに、オイラは255系初乗車だ。
だいたい房総特急は、小学生の頃に183系「さざなみ」以来だ。

自宅を6:00頃に出発。
秋葉原駅には7:00前に到着した。
ここで軽く朝食を食べた。

そしていよいよ特急「新宿わかしお」が秋葉原総武線ホームに入線。
3日前に購入したのはグリーン車指定席だ。
秋葉原〜大原間のグリーン料金は1000円だ。

秋葉原7:32発だが、入線直前に上りホームを255系が通過。
回送だったが、255系のすれ違いにちょっと興奮した。
総武線秋葉原ホームとは思えない光景だった。







グリーン車は2+2だが、そんなに狭くは感じない。
シートピッチは充分なので、快適な座り心地だ。
いずれにせよ、初乗車の列車は興奮するなw






それにしても、房総特急も変わったな。
国鉄時代なら急行にも劣る停車駅数だ。
そんなことを想いながら、定刻8:54に大原に到着。






駅舎を撮ってから、いすみ鉄道の切符を購入。
時間が早いからか、そんなに乗客はいなかったな。
売店のオバチャンからもらった切符は硬券だった。










いすみ鉄道のホームには、先発する普通列車が停車していた。
ムーミンキャラがかわいいな。





しばらくすると、キハ28が入線。
「夷隅」のヘッドマークだが、「快速」表示だった。
停車すると「快速」から「急行」に変わり、サポも付け替えられた。
キハ58が連結されている。






キハ28急行といえば・・・・・。
小学生の頃に乗車した急行「さかり」くらいかな。
一関〜陸前高田だった。
キハ28 2346は、もともとは米子所属だったようだ。
山陰〜富山〜高山等を渡り歩いてきたようだ。
その昔、房総急行としても臨時運用されたらしい。
塗装は国鉄急行色に綺麗に再塗装されている。







いすみ鉄道は面白い企画をいろいろ実行している。
車両オーナーサポーターとか、駅名ネーミング権とか・・・。
何気なくホームから枕木を見ると、不思議なプレートがたくさん見れた。
これもネーミング企画のひとつなんだろうな。







トップへ
戻る
前へ
次へ