500系倶楽部 ’15

アプトの道、歩くのは下りだけA
上州富岡駅に到着。
世界遺産登録のせいか、素晴しく綺麗な駅舎だ。
よほど予算が与えられたんだろうな。














富岡製糸場まで歩いていく。
駅舎は綺麗だが、町並みは昭和チックだ。








およそ15分で富岡製糸場正門前に到着。
8時半頃だが、すでに開門を待つ行列ができていた。
開門は9時。






9時に開門し中に突入。
おそらく世界遺産登録されたばかりだし、
お盆休みのせいで来場者は多いのだろう。
空いてるときにゆっくり見たかった気もする。








トップへ
戻る
前へ
次へ